2010-01-05

豊平文庫が(゚∀゚)神のヨカーン

新年一本目です。
さっそく行ってみましょう!
あ、読んでいただいている方、今年もよろしくお願いしますm(_ _)m

先月末のバージョンアップがすばらしくて感動したので、いまさら感たっぷりですが豊平文庫の紹介をします。

<主な特徴>
・青空文庫がiPhoneで読める
・デザインや文字サイズなどを細かくカスタマイズできる
・大辞林と連携(これが神!)

豊平文庫がバージョンアップで大辞林と連携するようになったことは、ご存知の方も多いと思います。
僕だけかもしれませんが、この事実を知った時はそれほどたいしたことだとは思っていませんでした。
大辞林が起動して言葉の意味を調べられるけど、その後は豊平文庫を起動しなおさないといけないと思っていたんです。これが大きな勘違いでした。ちゃんと、大辞林から豊平文庫へ一発で戻れるようにもなっているんです!

ではでは、その機能の説明を。
豊平文庫で調べたい言葉を大辞林へ連携させるには、文字を長押しした後にスライドして文字の範囲を指定します。
指を離すと、「大辞林で検索」「選択部分をコピー」というメニューが出てくるので、「大辞林で検索」を選択します。すると、大辞林が起動して選択した言葉の意味が表示されます。





大辞林が起動した画面です。





ちなみに、次が普通に大辞林を起動した画面です。





違いがわかりますか?
豊平文庫から連携した場合、ステータスバーのすぐ下に「”豊平文庫”に戻る」という文字があります。
そうです。これを押すと、、、
豊平文庫に戻ることができるのです!!!

これを知った時には感動しました。
こういったことができるなら、シングルタスクでも十分いけるんじゃないかと思わせてくれますね。

ただ、これだけすばらしい機能なのですが、1点だけ要望が。
文字範囲を選択するのがかなり大変なので、iPhoneのデフォルト選択機能のように範囲を微調整できるようになればなぁ、と思います。(慣れればそれなりに思い通りに選択できるようにはなるのですけどね。)


- Posted using BlogPress from my iPhone

(`・ω・´)

0 件のコメント:

コメントを投稿