2009-11-24

書籍アプリ弾言と決弾を読み終わりました。

いつか読もうと思って買わず仕舞だった小飼弾さんの書籍「弾言」と「決弾」がiPhoneアプリで販売されていたので購入しました。
(実際に購入したのはもっと前だったのですが、読むのが遅く今になってしまいましたorz)






まずは、値段。両方とも350円と、本を買うより安くてお得でした。
読み心地は、文字のサイズもiPhoneに最適化されており、無理せず快適に読むことができます。

本を読むようにとまではいきませんが、片手でページめくりができる快適さを考えると使い勝手はイーブンだと個人的には感じました。

唯一困ったのが、線を引っ張ったりメモ書きしたりといったことができないことです。
線を引っ張る事に関しては、スクリーンショットを撮ることで代用しました。
幸いなことに(?)、iPhoneに最適化されているおかげで1ページあたりの文章が少ないので、スクリーンショットで1ページ丸々保存したとしても、自分が線を引きたかった箇所がすぐにわかります。

そのため、これに関しては特に問題はなかったです。

問題はメモ書きですが、これについてはとうとう解決策は見出せなかったです。
メモ帳なりを手元に置いて、書き連ねていくしかないですね。
※Jailbreak環境であれば、SBSettingsのFast Notesでメモを取るという方法もありますが、これもスマートとは言えませんよね。また、Jailbreakしていないと使えないというのでは、根本的な解決にはなっていません。

総じて、常に持ち歩いているiPhoneで本を読めるということは、すきま時間を有効に活用できていいですね。
メモ書きが必要のないほど読み込んだ自分の座右の書が、これらのアプリと同じ水準でiPhoneアプリになったとしたら、常に持ち歩き、ふとした時に読み返せるのでうれしいなぁなんて思いました。


- Posted using BlogPress from my iPhone

2 件のコメント:

  1. そうか、線が引けないか・・・
    って僕は線ほとんど引かないんだけどね。
    むしろ覚えてくたちで
    (忘れるならそれはそんなに重要ではないって主義w

    でも電子化してくれると部屋が広くなって助かる…

    返信削除
  2. とても魅力的な記事でした!!
    また遊びに来ます!!
    ありがとうございます。。

    返信削除